ブログトップ

Tea to Te “TEA&Harb&重ね煮料理+こども日記”

tetote09.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新年会

先日、職場のメンバーの方と
遅めの新年会をさせていただきました。

a0147709_2311630.jpg


いつも皆でワイワイと、
お料理をつくり、せっせと働くのは
やっぱりとても楽しいものです。

オーナーの方も、私にも色々教えてくださいます。
厳しくも温かく導いてくださっているのが
よくわかります。

近頃はとても平和で、穏やかな日々です。
小さな街で、刺激の少なさや、
価値観の違いに正直戸惑うことも多いですが、
それでも幸せに過ごしていると思います。

オーナーさんのお家見学や、
たくさんの楽しい話を聞けて、お腹と心が
いっぱいになりました。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-31 22:57 | つくばでの暮らし | Comments(0)

地鶏創作料理、ななたに。

お正月はいろいろあって、
少しばかりお店に行かせていただきました。

三条、富小路下がる、
地鶏創作料理のお店、ななたにさん。
オープンより、紅茶のメニューをご提供させて頂いています。

a0147709_22572268.jpg


地鶏のあちらこちらを材料とした、
前菜。
他にも数品いただきました。

気分は申し訳ない気持ち傍ら、
鶏をありがたく、丸ごと頂いた気持ちでした。
美味しかったです。

メインのローストチキンも売り切れで、
お席も満席状態の中、カウンターで
美味しくほっとする一時を頂きました。

料理長の水野さんが本日限りでお辞めになられるそうで、、
気分は複雑です。
でもたくさんのファンの方がいらっしゃるので、
これからも支えられ、水野さんのお料理が
繫がり続けるのだと思います。


料理とは、生きるとは、心身とは、、
映画『いのちの食べ方』を 観てからも、
ゆらゆら揺れる心境です。

http://nanatani.com/

水野さんの新しい料理の世界が
また広がりますように。
新しい出発を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-31 12:04 | KYOTO | Comments(0)

雲のなか

先日は大変な霧で大地が覆われていました。
我が家の窓からは、
雲の中のような世界でした。

a0147709_1754221.jpg


朝、外に出たら、車もライトをつけないと
危険を感じる位、視界が曇っていました。

何も見えない世界って、こんな風なのかな、と
現実的にはどこか美しく、幻想的な朝でした。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-28 15:46 | つくばでの暮らし | Comments(0)

健診。

a0147709_1157658.jpg


凍えそうな冬の日。
今日は乳ガンや子宮頸がんの健診でした。

幼い頃から、我家はガン家系だ、と
聞かされていたから、どこか潜在意識で
私はいつかガンになるのかも、、と思っていました。

何事も真理などないのに、
思い込みから運命は出来上がってしまうとは
この事だと思います。

此処にきて、ちょっとした考えに変化がありました。

今までは、
私の周りには少なからず
個性的な生き方をしている人もいて、
個性的もまとまれば平凡なのですが、
どこかで、そうならなければいけない、とか
そうなったらいいなぁとか、
期待や希望を持っていたのかもしれません。

でも普通に家族や友人達、その他周りの
人に恵まれていて、
寝て帰れる家があって、
温かいご飯が食べられて、
思うように動く身体があって、、
勿論今までもそれが一番の幸せだと認識していましたが、
いまは本当に身体から理解しています。

仕事も、きっと何処にいっても
やりがいも楽しみもあって、
でもどこか不充足があったり、
するのかもしれません。

私もいまの仕事に慣れ、こなせられるようにはなってきて、
もう少しチャレンジしてみたいなぁとか、
もっと働きたいなぁとか
思ってきました。

新しい年度の始まりを、
頭の片隅でもスケジューリングできたらと
思っています。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-24 11:40 | つくばでの暮らし | Comments(0)

tulipa

水の中で生き続ける、チューリップ。
いまのお店のディスプレイも可愛いです。

a0147709_1195277.jpg


土で育てあげた球根を、
綺麗に土を洗い落としています。

壁に飾られたリースは、赤い南天の実をつかったもの。
もう数年保っています。
お客さまから大人気です。

こちらは春に向けて仕込み中の
ムスカリ。

a0147709_1195565.jpg


こんな姿からも生命力を感じられて、
心が和みます。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-24 10:58 | Tea to Te | Comments(0)

ちゃんこ

a0147709_22361137.jpg


国技館内の地下にある、ちゃんこ屋台。
一杯250円で頂けます。

a0147709_22361272.jpg


鶏ガラスープとにんにく、胡椒が効いた、
鶏肉、大根、人参、白菜、椎茸、こんにゃく等
具沢山の美味しいちゃんこでした。

航太郎もとても気に入ったようで、
帰宅後も、『ちゃんこが食べたい』とせがんでいました。

食後は身体がぽかぽかに。
スタミナもつきそうな、ちゃんこ鍋。

作るのも手軽、栄養素も豊富な日本の鍋料理は、
本当に素晴らしいと思います。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-20 22:27 | つくばでの暮らし | Comments(0)

やってきました!両国

大相撲を観にきました。

a0147709_153038100.jpg


一番喜び、熱心な航太郎。
うちの子が最も好きな観戦スポーツは、
大相撲なのです。

a0147709_22272936.jpg



TVとは異なる雰囲気。
さすが国技。

私達は初めての相撲観戦でしたが
色々な発見が。

力士の名のついたお弁当や、ちゃんこ屋台、
お土産やさんが両国国技館内には充実しています。
勿論多少の変化はあるにしろ、
何処となく、昭和の雰囲気を思わせる雰囲気です。

a0147709_22273071.jpg


升席なので、皆さんそれぞれにお弁当や
おつまみ、お茶などを楽しみながら、
相撲を応援する、
ほんとに娯楽の中に居る感覚でした。

末長く国技として継承されますように。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-20 15:24 | つくばでの暮らし | Comments(0)

うめぼし

a0147709_8505081.jpg


こちらにきて、一日ひとつは梅干しを
食べています。

特に、『めがね』を見てからは、
一日の難のがれとして、特に気合いが入るように
なりました。

久しぶりのダウン。
食事の手当法の本を引っ張りださないと。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-18 08:46 | つくばでの暮らし | Comments(0)

冬のインフル

おはようございます。
その後お変わりなくお過ごしでしょうか?
a0147709_8401663.jpg


私は子どもがまんまと保育所よりインフルを
もらってきてしまって、
看病&自分の療養に…
なんとか過ごす日々です。
航太郎はインフルといえど、
初日ね高熱が出ただけで、必要以上に元気なんです。
私はこうたろうの付き合い疲れか。。

元気を取り戻そうと、力を出して
野菜や果物を
買ってきました。

仕事場で教えて頂いた、『芋リンゴ』。
さつまいもと、リンゴ(フジがおすすめ)を、
重ねて無水で蒸す、そう重ね煮でつくれます。
リンゴの甘味がでますが、
お砂糖も重ねると、より美味しくなります。

ティッシュが一日一箱ペースの消費。。
はやく良くならないかなあ。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-18 08:21 | つくばでの暮らし | Comments(0)

2013年

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

a0147709_0103363.jpg


こうたろうが退院し、私にもどっと身体が緩んでしまい、
懸念した帰省でしたが、、結局強行突破の
京都でのお正月でした。

今回ばかりは、ちょっとくたくたな年越しとなってしまいました。

でも、1人で京都の大晦日をぐるぐる巡り、
改めての日本の古都の年越しを
肌で感じることができました。

またお正月に寄らせて頂いた先々さんを
ご紹介させて頂ければと思っています。

a0147709_0103477.jpg


おみくじも、石井ゆかりさんの年の占いも、http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/mc2013/pinkprfsnl_box_my.html
私なりには良かったと思うのですが、
何だか心身ともに抜け殻状態が続き、
自分の芯がひょろひょろなんだと、
改めて気づくこのお正月でした。

色々綴りたいことはあったのですが、
ブログを投稿しようと思ったら
誤って消去してしまいました。
物事には意味があり、全てが予定通りなんだというならば、
どんな些細なことでも、そうなるべきだったんだなぁと思えます。

また来週から、遅い身の引き締めですが、
気合入れて?頑張ります。
[PR]
by te_to_te | 2013-01-12 23:50 | つくばでの暮らし | Comments(0)