ブログトップ

Tea to Te blog

tetote09.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

イベント in Kameoka 終わりました★

おかげさまで、先週末の亀岡ガレリアでのイベント、無事に終了いたしました。

 亀岡でのイベントは2回目。
 でもお客様の中には覚えて下さる方もいらして、
また、たくさん方とお話しする機会ももてたり、ありがたい時間でした。

 なにより、今回は一緒に手伝ってくれた3人の友人たちのおかげで、
楽しく過ごさせて頂きました。

 イケメン?!2人がいてくれたおかげで、おばさまや女性の方も喜んでいただけたのでは?
なんて勝手に言っていますが、
みんなとても頼りがいがあるので、私は任せっぱなしになってしまいました。

 
 こうやって、みんなでワイワイ適当に?でもしっかりやるのが、とても楽しく・・・、
これからはひとりで行くのが、さみしく感じてしまいそうです。

 そんなこんなで、今週末はマルシェでイベントです。
 
 12月3日(土)10:00~15:00 京都府庁旧本館にて。

 茶葉の販売や、テイクアウトティー、人気のスリランカのフェアトレード商品etcをご紹介する予定でいます。
 カフェサロンさんとのコラボ・ティースウィーツもおいしくて、是非お伝えしてみたいと思います。
 坂の途中さんの有機野菜を使ったスウィーツも、またお持ちする予定でいます。
 (★カフェサロンさんのいつもスウィーツをつくって下さるシェフの方は、さまざまな食材を使った
 シフォンケーキが人気で、ついにお教室まで開催されることになられたようです)
 
 
 また、先日ご案内させて頂きました、スリランカの茶園のこどもたちにORIGAMI(折り紙)等の教材を
贈るプロジェクトの商品も、マルシェにて初めてご案内させていただこうと思います。
 とても素敵なパッケージに仕上がっています。
 贈り物にもつい、したくなるようなデザインです。
 詳細はできあがり次第ご紹介いたします。メールにてご購入も受け付ける予定でおりますので、
どうぞお楽しみになさってください♪


 
 
[PR]
by te_to_te | 2011-11-29 23:16 | 紅茶教室&イベント

食パンアート。

a0147709_22514732.jpg


今日おかげさまで退院します。
食物アレルギーがあるので病院食も対応メニューにしていただきました。
毎朝の朝食は、食パン、りんごジュース、果物とサラダです。
毎朝、食パンにジャムで絵を描かされました。
今日はまだ未完成ですが、最終的にはジャガーになります。
昨日はティラノザウルスの絵を描かされ、下手だったので、やり直しさせられました。

これも今日でおしまい。
しばらく入院は母子ともに懲り懲りだね、とお約束しています。



iPhoneから送信
[PR]
by te_to_te | 2011-11-25 07:51

イベント終わりました。

a0147709_1291446.jpg



フェリシモさん後援の育脳イベントととの企画、
無事に終わりました。
今回はあれもこれもと欲張ってしまったので、
アシスタントできてくれた亀さんには申し訳ないくらい
バタバタしてしまいました。
が、楽しかったです。

お客様にも紅茶やスリランカのフェアトレードグッズ等気に入ってくださり、
また嬉しい反応も頂き、ありがたい機会でした。

育脳のお話にも、みなさんくびったけ、真剣に聞いていらっしゃいました。魅力的な内容でした。
こうたろうの看病と並行しての準備は、なかなか大変でしたが、
またひとつお勉強させて頂いて、いい経験になったなぁと感謝しています。


入院中のこうたろうは、看護士さんに人気です。
将来男前になるよ、とちやほやされて、思わず写真もポーズを決めてるうです。
どうなることやら、、。

iPhoneから送信
[PR]
by te_to_te | 2011-11-23 17:40

ひもむすび、しています。

a0147709_1312754.jpg


明後日はイベントだというのに、なかなか準備も進められていません☆

こうたろうの再入院、担当医や看護士さんに見守られて、
おかげさまでゆっくり過ごしています。

今回は再入院ということで、さすがに私も親として考えさせられる部分もあり、
いい意味でこどもとこれからを生きていくのに自分なりの考え方ができるようになったのかとも思います。

こうたろうは、ひも結びに夢中です。
ひたすら紐を結んでいます。

小さな身体なりに一生懸命にがんばっているので、
なんでもいっぱい褒めてあげようと思います。




iPhoneから送信
[PR]
by te_to_te | 2011-11-21 09:21

ムレスナの紅茶。

a0147709_11304560.jpg



スリランカのムレスナティーハウスで購入してきた、紅茶のバリエーションセット。

なかなか可愛らしいデザインです。

スリランカでは冷凍庫があまり発達していないので、
基本的にアイスティーには氷が入っていません。

スリランカの古都キャンディに新しくショッピングセンターができたそうで、
そこにムレスナティーハウスも入っていました。

アイスティーやホットティーを頼んでみましたが、
やっぱり日本で飲む方が美味しいような。
でも異国の地で頂く一杯は、どこか格別に感じるものです。


全種類飲んでから感想を述べますね。
取り急ぎ、ヌワラエリアをいただいてみました。
日本でイメージするヌワラエリアより、黒っぽい外観でOPサイズで大ぶりです。
ちょっと茎も多いかも。
水色も赤味がかっていますが、透明感があります。
ミルクティーにも合うかなと思いきや、
私好みの味ではありませんでした。
ストレートがおいしいようです。

セットは、400RSくらいでした。
お土産に喜ばれると思います。個人的におすすめです。


結局、コロンボの紅茶当局にもいきましたが茶葉は購入しませんでした。

茶葉は、茶園の近郊にある代理店や、気に入ったスリランカの紅茶のお店、
道の駅などで購入しました。


昨夜から再びこうたろうが入院しました。
幼稚園生活を楽しみにしていたので、親子ともに悲しく
意気消沈しましたが、いつもの如く、朝起きたら普通に前向きなってました。

しばらく入院生活中に、紅茶のティスティングを楽しんでみようと思います☆











iPhoneから送信
[PR]
by te_to_te | 2011-11-20 09:00

12月24日にリリーズカフェにて紅茶教室をします。

紅茶教室 in リリーズカフェ 
Xmas eve の12/24(土) 13:00~15:00


*いつも順不同な更新で失礼いたします。
  
この度、リリーズカフェさんにて紅茶教室を開催いたします。
今回の内容は、当日のクリスマスイベントにちなんで
『おいしい紅茶の入れ方』をはじめ、
数種のクリスマスティーのご紹介と試飲、
最後は参加者のみなさまそれぞれに、 ご自分の好きな
“クリスマスブレンドティー”を作っていただく内容に
致しました。(できあがりの紅茶はお持ち帰りいただけます。)

初心者の方でもお楽しみいただけるような内容です。
世界で唯一のご自分だけのクリスマスティーがつくれる、
貴重な思い出にもなります。
リリーズカフェ大人気の 正統派イングリッシュスコーンも御用意しています。
どうぞご一緒に素敵なイブの時間を過ごしてみませんか。
お気軽にお問い合わせください。


*場所: リリーズカフェ(京都市上京区大原口町225-1 2F)
     出町柳駅or今出川駅より徒歩数分 
     075-256ー6015 駐車場は限りがあります。ご了承ください。

*参加費:¥3000 紅茶代+スウィーツ代+
     お持ち帰り用茶葉(約50~100g)含む

*お申込み:当日3日前までの予約制です。リリーズカフェもしくは
      m-kuru@hotmail.co.jp まで ご連絡ください。


★12月から、気軽に楽しめる紅茶教室を週2回、北山カフェサロンでも、お楽しみいただけます。
 ご案内はこちら→http://tetote09.exblog.jp/14022803/

[PR]
by te_to_te | 2011-11-19 12:23 | 紅茶教室&イベント

”スリランカの茶園の こどもたちにORIGAMIを。”

この度、 ”スリランカのこどもたちにORIGAMIを。”というタイトルのもと、

 スリランカの茶園で働く労働者の人たちのこどもたちに、
保育施設でつかう教材(折り紙”ORIGAMI”やクレヨン、絵本等)を送ろう、という企画をすることになりました。

 a0147709_11503560.jpg
 ことの初めは、今年の8月初旬にいったスリランカでのこと。
 
 思いがけなく幸運にも、茶園内の保育施設に支援で来ていた、
JICAスタッフ横田さんのいる バランゴダ茶園を訪れることができました。

 茶園や工場を見学するとともに、
横田さんの住居や勤めている保育園にお邪魔させて頂きました。
 長くなりますが、以下お付き合いください。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

  
 スリランカの茶産業は、いまや国益の大きな割合を占める重要な産業になっています。

 スリランカの茶業が始まったのは、1870年代頃。
 もともとコーヒーの名産地であったスリランカ(当時はセイロンという国名でした。)でしたが、
サビ病の発生により、コーヒーが壊滅状態に陥りました。
 
 当時のスリランカは、イギリスの植民地。 
 イギリスでの需要が盛んであった紅茶の栽培が、隣国インドでは成功していました。

 そこでコーヒーの代わりに、イギリス人が、スリランカでも紅茶の栽培を始め、
茶産業をスタートさせたのがきっかけです。
 そして茶業の労働者の確保のため、強制的に連れてこられたのが、
南インドに住んでいたタミール民族の人々でした。
 (もともとのスリランカの民族は、シンハラ族になります。)

 今でもスリランカには、シンハラ人とタミール人が混在しています。
 使用言語も異なりますし、顔だちも明らかに違います。

 強制的(騙されて連れてこられたとも聞きました)に茶業の労働者にされたタミール人たちが、
長い時を経た今でも、茶葉を摘み、工場で茶葉の製茶にあたっているのです。

a0147709_11531963.jpg 


a0147709_11552771.jpg
茶葉を摘むのは基本的に女性です。
 男性は工場内で働いているか、
遠方の茶園の外まで働きに出るか、もしくは無職です。

 女性は編まれたカゴを背負い、ゴロゴロと岩のある
山道や、土の上をひたすら歩き、
山々に広がる茶畑に向かい、茶葉を摘んでは、
工場へ戻る仕事を日々繰り返しています。

 想像つかないかもしれませんが、茶園は本当に広く
山岳地帯にあるので、
毎日、重い荷物を背負って山々を歩いているようなのです。
 


 バダンゴダ茶園の一日の茶摘みのノルマは、茶葉18㎏とききました。
 それ以下だと罰金、以上だと報酬が得られます。
 それで月収が550Rs(ルピー)だそうです。
 これでも上がったらしく、前年度は450?Rs(ルピー)だったようで、
 この金額がスリランカの茶園労働者では相場になっているらしいのです。

 皆さん、ピンとこないでしょうが、スリランカの成人男性の平均月収は
20000Rsとも言われています。

 タミールの人たちは、茶園の空いたスペースに畑を作って、サトイモなり、バナナなりを育てて
食を保持してきました。
a0147709_11581598.jpg
 水は川の水、停電は日常茶飯事です。衛生面の向上などは、余裕もないように思えます。






 シンハラ人は、主に茶園の経営の方に携わっています。
 明らかに差別は残っていて、住む場所や住居環境、
もちろんこどもたちの通う、保育園や小学校も異なるのです。
 
 
 
 保育園の状況はというと、
まず日本でいう倫理観は、まだスリランカにないようで、
こどもに手を上げるのは当たり前だし、物をあちこちに捨てる(ごみを特定の場所に捨てる感覚はない)、
トイレ等衛生状態もひどく、おむつの習慣もないので赤ちゃんの排泄も垂れ流し状態。

 茶園の労働者を援助する団体から、栄養補助を兼ねたお菓子みたいなものを支給されるようですが、
昼食もとらない日もあるそうです。

a0147709_1213958.jpg

 20~25人のこども(0~5歳まで)を2人の保育士さんが見ています。
 ただ、こどもたちはそこで時間を過ごす、という事です。

 お金もなく、勉強する余裕もないタミール人のこどもたちは、
また結局茶園の労働者になる人生へ・・・というサイクルを繰り返している、
という横田さんの意見でした。
 
 明らかに、おもちゃも教材も完全に乏しい保育園に、
“教材がほしい”という唯一の横田さんからの要望でした。
 こどもたちにもっと楽しみを教えてあげたい、という気持ちです。

 私は、『何か紅茶でできる小さな支援を』、という考えがあり、
今回この茶園で作られた紅茶をご紹介し、
その売り上げでこどもたちに教材を贈ることにしました。

a0147709_1244118.jpg


 正直なところ、茶園のオーナーが労働者の生活水準の向上をすれば、
生産性も上がり、茶園に有益ではないのか…と思ってしまったりしますが、
長い間にできあがってしまった差別や風習というのは、
なかなか自主的に解決できる問題ではないのだということも、今回実感しました。

 皆さんがどう想像されるかはわかりませんが、
どんな状況下にいても、貧しい将来がこの先待っていても、分け隔てなく
こどもたちの笑顔や楽しい声は、底なしに明るいのです。

 教材を贈ることが、どんな好影響を生むかは未知ですが、
喜んでくれると思います。
 茶園から出て、自らの人生を切り開けるようなタフさや聡明さ、自信をもつ
きっかけになってくれるといいなあと思います。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 バダンゴダの茶葉は、BLOGやイベントにて販売を近日中に開始する予定です。
 ウバ地方に属する、おいしい紅茶です。
 どうぞ、よろしくおねがいいたします☆

 




[PR]
by te_to_te | 2011-11-18 03:28 | 紅茶教室&イベント

12月よりカフェサロンさんにて紅茶教室がはじまります。


紅茶教室 in Cafe Salon


”紅茶を身近に”を テーマに カフェサロンさんにて 紅茶教室を 開催することになりました。
完全予約制の プライベートレッスンですので( 1名より可能。)、
個人的な目的や ペースに 合わせやすくなっています。
ご都合の良い 時間帯をご提示ください。  
同じ曜日で 他の時間帯が宜しい方は、ご相談にのらせて頂きます♪
 



*12/1(木)11:00~12:00
        19:00~20:00
*12/6(火)11:00~12:00
         19:00~20:00
 < Base of TEA 紅茶の基本と入れ方 >
 紅茶の基本がわかるだけでも、お家で入れる紅茶がグンとおいしくなります。
 紅茶には色々な茶葉があります。それぞれのおいしさを引き出す入れ方を 実際にいれてみて
 マスターしてみましょう。この回を受けると、他の内容がスムーズに理解できます。

*12/8(木)11:00~12:00
         19:00~20:00
*12/13(火)11:00~12:00
         19:00~20:00
 < Milk Tea ミルクティー >
 ミルクティーに合う茶葉をまなび、その違いを味わってみます。
 手鍋でつくるロイヤルミルクティーは、おもてなしのメニューとしては最適です。
 おいしいミルクティーを入れられるようになり、特技を一つ、増やしてみましょう

*12/15(木)11:00~12:00
         19:00~20:00
*12/20(火)11:00~12:00
         19:00~20:00
 < Seasonal Tea 季節の紅茶のアレンジ >  
季節におすすめの紅茶、アレンジティーをご紹介します。できるかぎり手軽で簡単、
 でも意外性を感じるものをご用意しています。ご自分の紅茶のレシピを増やすことができ、
  日々のティータイムに バリエーションをつけることができます。


*12/22(木)11:00~12:00
         19:00~20:00
 < Xmas Tea クリスマスティーをつくる >
 ご自分のお好みのブレンドティーをつくって、持ち帰っていただく楽しくお得な回です。


 
・手軽な受講価格 (¥1500+ワンオーダー制 :紅茶数杯分+茶葉お土産付き。
  *受講後にオーダーされても結構です。)
・ご友人と 一緒に楽しむような手軽さで、お申し込みください。
・60分のレッスンです。終了後はカフェサロンにて お時間許す限り おくつろぎください。

*お申し込みは 3日前までに、カフェサロンスタッフまでお願いします。075ー702ー3307
 

This tea brings you smile and a sence of serenity .For your “Happiness”.


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ちなみに・・・
 カフェサロンさんは日中、夜間問わずお客様の多い人気のお店です。
 紅茶の優雅な雰囲気を・・・とエレガントさを求めてきて下さるお客様には、場合によっては
ご満足していただけないかもしれません。のでご了承ください♪
 カフェサロンさんのように、明るく楽しくカジュアルに
紅茶を楽しみ学ぶ時間を、お過ごしいただけたらと思います☆

[PR]
by te_to_te | 2011-11-17 21:09 | 紅茶教室&イベント

スリランカの紅茶、届きました。

a0147709_18361161.jpg




スリランカからの茶葉が、届きました。
私がいった8月上旬に、摘まれ、製造された茶葉です。

これは、スリランカのバランゴダという茶園のものです。
私がスリランカに行ってから、運よくご紹介していただき訪ねた、JICAスタッフの横田さんが保育指導のために勤めている茶園です。
(茶園の中に、学校や病院、保育施設などコミュニティーがあるのが、スリランカの茶園では一般的です。茶園の経営化です。)

バランゴダの場所は、コロンボから東に車で五時間かかります。
前日にキャンディからコロンボまでの高速バス3時間の道のりの間に、不覚にもトイレの不安を感じてしまい、ちょっとトラウマになっていた私は、
バランゴダ行きへはスリランカ在住の友人のお父さんのお計らいで、
個人タクシーを利用しました。
コロンボから、ハプタレー、バランゴダ、そしてお父さんの勤められる大学、そしてコロンボまでの帰路、計3日間の契約です。
ドライバーの若い男の子、へーマンタくんは、英語も、もちろん日本語も話せなかったので、
身振り手振り、または、色んな手段を使っての会話でした。
それはそれなりに何とかなり、楽しい楽しい三日間でした。


初めてお会いした横田さんとは、気さくで明るいお人柄もあって、
すぐに親しくさせていただきました。

バランゴダの茶園のマネージャーさんにも直接お話をお伺いする事ができ、
シンハラ語を話すお父さんも同行してくださっていたこともあり、色々な内情含む貴重な話も聞かせていただきました。

工場内は撮影禁止だったので、次回に工場内のティスティングルームの写真をアップします。

最後には、お父さんと私がとても熱心にしていたので、工場長が紅茶をプレゼントして下さりました。
この写真の茶葉は一部です。
横田さんと、お父さんと、分け合いました。
こんなプレゼントは、この工場に来た横田さんつながりの日本人としては初めてだったらしく、
横田さんもすごく感慨深く感じてくださったことが、思い出に残っています。

長くなりましたが、
この茶葉を使って、ある企画をしようと思います。
お暇であれば、また次回のブログを、
そして企画にご参加をお願い致します☆





iPhoneから送信
[PR]
by te_to_te | 2011-11-17 18:36

2012スケジュール帳。

a0147709_11415024.jpg



夏に行って、買い付けたり、プレゼントされたスリランカの茶葉がいよいよ船便で届きます。
現地から手元まで2か月半かかりました。
今回は、容易く船便にしてしまったけれど、やはり、船の中での環境は茶葉の保管に適しているとはいいがたく、
また折角の新鮮な風味も、
日本に着くまでの間に劣化が伴うのは仕方のないことで。

良質で、新鮮な紅茶の提供を心がけておられる紅茶やさんの、航空便にこだわる理由がよくわかりました。

お世話になった、マーハテンナの茶園の紅茶や、ハプタレーの紅茶、
気に入って買い付けたウバの茶葉など、、色々届きます。
試飲が楽しみです。


季節はいよいよ11月中盤。
寒さが増してきました。
私も2012年のスケジュール帳は早々に
用意していました。

2007年からのスケジュール帳の歴史をみると、デザインも似たり寄ったりで。(探せばもっと素敵なのもあるんでしょうが。)
中身を覗くと、5年間による変化が、ひしひしと実感できました。

年末まで私なりにせわしくがんばる日が続きます。
来年も、しなやかに、がんばりたいです。





iPhoneから送信
[PR]
by te_to_te | 2011-11-15 22:26