ブログトップ

Tea to Te blog

tetote09.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

虫よけハーブ

 我が家の庭では、ハーブを育てています。
 
 その中でも、夏場に向けて活躍するのが、ゼラニウム、ミント
 玄関先や窓、部屋の至る所に置いてあります。

 ゼラニウムの繁殖方法は・・・、
 タネまき、挿し木。挿し木でふやす方が簡単だそうです。
 真夏を除いた生育期である、(4~6月・9~11月)が挿し木の適期。
 元気な枝を先端から10cmほどの長さに切り、日陰に1日置いて切り口を乾燥させるそう。
(ゼラニウムの茎は水分が多く、そのまま植えると切り口から雑菌が入って枯れてしまうことがあるため)
 その後、砂や市販のさし芽、タネまき用の土に挿します。
 早ければ2週間、だいたい1ヶ月ほどで根が出るので根が出たものを鉢に植え付けるそうです。。
  参考:http://yasashi.info/se_00008g.htm


 虫よけグッズとして、こどもが産まれた年は、MARKS&WEBのアウトドアスプレーを使っていました。
 シトロネンなどのハーブがブレンドされたもの。
 ただ、人体には使用不可なので、ベビーカーや周りの物にふきかけて使っていました。

 翌年は、BUZZ OFFの虫よけスプレー。
 LOFTとかにも販売されていますが、横浜のオーガニックフェスタで私は購入しました。
 小型の携帯用もあるのでおすすめです。
 他、服に張る虫よけも併用しました。

 今年は、手作りとお知り合いの方が手作りされているスプレーを使ってみる予定です。
 またおすすめさせて下さい☆

 
 *今、我が家のローズゼラニウムは花を咲かせています。a0147709_12225667.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-05-30 12:24 | 紅茶教室&イベント

“感謝する”ということ

 近年、何が一番大事だと思うかと問われると、“感謝することと応える気がします。
 
 でも私も日々努力で、いつでも何にでも感謝することができるわけでは、ありません。
 90近い尊敬する祖母が、“何事でも、感謝しなさい”とよく諭してくれていましたが、
今になってようやく理解できてきた、未熟者の私です。

 先日、こうたろうの通っている園について、ある人に
「がんばっておられると思うけど、あれはダメだ、これはどうかと思う・・・」や、
「なんで、こうしてくれないのかしら」という不満?ご指摘を受けました。
 私は結構のんきというか、気にも留めていない内容のことだったので、
人の感じ方って様々だと思う反面、ちょっと悲しい気持ちになりました。
 私は園がそれなりに気に入っていて、スタッフの方に本当に感謝していたので。

 でも、私も違う場面で、同じ事を、知らぬ内にきっとしているのでしょう。
 今回のことを反面教師として、もっと私も努力しなきゃと思いました。

 何事でも、“感謝”していたら、物の見方も、考え方も楽になる。
 自分の心持ちも成長するし、人生もスムーズになる気がします。

 物を+にとるか、-に取るかで、心の満足度は変わってくるでしょう。
 こどもの身近にいる大人は、その感じ方をこどもに身をもって手本としてあげないとですね。

 心身共に余裕のない時にこそ、“感謝”の訓練だと思いました。

*お花大好きこうたろう。「パンジー、パンジー」といいます。a0147709_126633.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-05-30 11:58

セミナー“ライフスタイルを豊かに”in 新宿 のご提案

 6月12日、新宿にて、おすすめのセミナーが開催されます。

 今回は、みなさんのライフスタイルを、少しでも豊かなものにお手伝いできるよう、
ワイン、重ね煮、マネーの観点から、楽しみながら各エキスパートが提案、相談に乗って下さるセミナーです。
 私の重ね煮の先生、野菜と藤原の、藤原恵美子さんも講師として参加されます。

 ワイン・重ね煮・マネーを、素敵なクリナップのパーティールームにて、試飲、試食しながら楽しめます。
 重ね煮を一度、体験してみたい方、
 自分の生活を、少しでも見直したい、改善したい方、
 リフレッシュとして時間を楽しみたい方・・・
ぜひ御参加下さい☆
 男性の方にももちろん、参加可能です。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~ライフスタイルを豊かに~
 3人のエキスパートが、みなさんのライフスタイルを豊かにするご提案をします。

 ☆ワインで食卓を彩り心を豊かに・・・
 日本ソムリエ協会ワインエキスパートによる、これだけは知っておきたいワインの基礎知識をお伝えします。
 レストランやショップでのワイン選びに困らなくなりますよ!!
 ワインの簡単なマナーもお伝えします。初心者向けのセミナーです。


 ☆野菜で健康を守り食生活を豊かに・・・  「重ね煮」という料理法で作ったアレンジメニューをご用意しています。
  陰陽の法則に従って、お鍋の中に順番に層を作り、水を加えず弱火で
  じっくり旨みを引き出す目からウロコの料理法です。
  食べたら体も心もぽかぽかになる魔法の料理です。

 ☆将来設計を立て家族を守り暮らしを豊かに・・・
  日々の生活に一生懸命で、10年後の生活は気になるけど、いつも後回し。
  でもホンネは不安・・・。
  今後の人生の節目節目(生活、家、教育、結婚、老後etc)で、自分や家族  
のためにどんなおカネが、どれくらい必要か。
  お一人おひとりの人生設計を共に考え、経済的な処方箋をオーダーメイドでお作りします。

場所    クリナップショールーム  新宿パーティールーム

日時    6月12日(土)  11時半~15時  開場 11時
参加費   5000円     (後日お振込み先をお知らせいたします)

内容   ・初心者向けワインセミナー
      ・ワインに合う重ね煮の提供
      ・人生設計を共に考えるセミナー

講師    ワインエキスパート 中澤 香織   http://www.yellnext.jp
                              http://ameblo.jp/c-life-c
       野菜と藤原 主宰  藤原 恵美子  http://www.yasai-to-fujiwara.com
       ライフプランナー  粟野 友樹    http://ameblo.jp/ta0358
                              https://twitter.com/tomoki_awano

◆ ご予約・お問い合わせ  nakazawa@yellnext.jp ◆
[PR]
by te_to_te | 2010-05-30 10:40 | 重ね煮

うつ 不安 不眠症のハーブ by ベニシア

 先日参加した、ベニシアさんのイベント。
テーマは、うつ、不安、不眠症にきくハーブ。

ベニシアさん自身、今は人気で、メディアに出て多忙な方ですが、とてもご家族の健康状態について、苦労してきた、し続けていらっしゃいます。
 私達ともに『家族思いの主婦』、というイメージです。

ちがうのは、やっぱり『幸せのとらえ方』。
風を感じること、川の流れをきくこと、花の息吹をみること…。
 ひとつひとつに『生きてる』、『感じられる幸せ』を感じていらっしゃいます。
なので、ココロとからだがハッピー。
 今の自分に感謝し、変な不足感などなく、周りと比較することもありません。
 自身から溢れ出た幸せ感が周りに響くようです。

また、そういう『幸せを感じる力』をつけるために、努力もなさっています。
毎日の瞑想で自分と対話したり、ヨガで呼吸を整えたり。
中国の本もよく読むと言っていらっしゃいました。
1番大切なのは、『歩くこと』。『夢中になれる好きなことをすること』
印象的でした。


不眠の原因には、まず『活動不足』。
 人は歩くことでエネルギーを消費し、細胞も活性化される、たくさん歩きましょう!と強く勧めていらっしゃいました。  歩いているうちに気持ちもポジティブになっていきます。

また、『夢中になれる好きなことをすること。』
人は好きなことを目標にすると楽しくなる。
それが1番の生きる意欲の出る大切な方法だと。
 
不眠にはセントジョンズワート
カモミール
ラベンダー
ローズマリー
レモンバーム
ベルガモット
 レモンバーベナ
シナモン
 セージ
 サフラン
 ジャスミン…
 など多種のハーブとそれぞれの使用方法を教えて頂きました。

いまの私はどこでもすぐ、底無しで眠れるので、不眠とは無縁です。
しかし、いつ自分が、身近な大切な人が、トラブルに巻き込まれるとは限らないのです。

ベニシアさんのご家族のこと、参加者の中にも大切な方で悩んでる方もいらっしゃいました。
今の健康状態に感謝し、気持ちをポジティブに持ちつづけること、が元気の秘訣に感じました。
a0147709_16111975.jpga0147709_1611389.jpg















a0147709_1612079.jpga0147709_16124190.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-05-25 13:40 | 紅茶教室&イベント

こどもの食事に重ね煮を使うMERIT

 こうたろうの食事をもう一度、見直すことにしました☆

 アレルギーがあると、成長にとっての栄養バランスが気になるもの。
 我が家は、食卓に“重ね煮料理”を取り入れていますが、
こどもの食事に重ね煮を使うMERITを教えていただいたこと、改めてまとめてみました☆

 ・基本的に取り分けでOK
 ・野菜が豊富に食べられる
 ・添加物の心配が不要
 ・アレルゲンの三大要素(卵・牛乳・卵)は使わない
 ・油を使わないので、気を付けたいトランス脂肪酸を防げる
  
  *トランス脂肪酸・・・マーガリンやショートニング
(加工食品の揚げ物類にも)に含まれる、ガンや心臓疾患
などの生活習慣病の元に成るといわれています。

 ・野菜や食べ物に対する感謝の気持ちが生まれる
  
 ということです。
 
 
 また、食事での悩み、特にあるのは“食べないこと”etc。
 
 食べないことには意味がある=“楽しい食卓”にすることが本当の食育とも教わりました。

 対策として・・・
 ・ランチョンマットや、カトラリーなど色彩豊かに、楽しいテーブルセッティングにする
 ・食事の時間を、母親自身が楽しむ(面倒に思わない)
 ・テレビや新聞などをみないで、こどもとの食事を大切な時間にする
etc
a0147709_11443049.jpg
 
 食べないと、母親が心配になったり、不安になって、時にはイライラしてしまうかも知れません。
 私も以前、区の栄養相談にお世話になったとき、
「私の勘だけど、この子は母親と二人でゆっくり楽しいご飯タイムにすると食べるんじゃない?」
と言われました。
 実行してみたら見事にパクパク食べました。
 こどもって面白いです。
[PR]
by te_to_te | 2010-05-25 11:45 | 重ね煮

こどもの足について

 足の形成はこどもにとって大切。
 
 こうたろうはハイハイだけ早く、4か月から始めたので、暇があれば滑り台を逆に、
下から昇らせていました。最近さぼり気味ですが。

 私もスポーツをしてたとき、着地時のバランスが不安定で、
そういえばよく指をしっかり開いて鍛えるトレーニングを課せられていました。
 足の指を鍛えるのは、瞬敏性を促したり、パワーを出したり、結局ケガの防止にもつながります。


 人は2本の足でからだを支えますが、姿勢のバランスが崩れると、からだ全体に影響し、
内臓器官の故障や病気につながっていきます。
 足部の筋肉を鍛えると、血液循環を促進し心臓への戻りもよくなるそうです

 そこで、足の最終的な完成:18歳までに、
土踏まず”、“3本のアーチを鍛え、人間の土台づくりを築いていくことが重要のようです。
 (アーチは、6~7歳ごろには大人のアーチに近づきます。)

 指を開いてタオルを指だけで引き寄せる方法や、
小物を床に置いて、かかとをつけたまま拾ってみる遊びなど・・・。
 チャイルドケアでも足の裏、指の筋力を鍛える遊びが紹介されています。

 以下チャイルドケアで紹介されていたポイントです。
 <靴選び>
 ・つま先は広く、高さがあり、地面から少し上がっていること。
 ・足の曲がる位置(前から1/3)で簡単に曲がること。
 ・かかとをしっかり支えるもの
 ・適度に弾力性のある底材
 ・微調整のできるヒモやマジックベルトが理想的


 <その他> 
 ・きついソックスをはかない
 ・靴の幅にゆとりを持たせる
 ・親指から、15ミリの余裕をもたせること
 ・使い回すときも、必ずその都度足に合っているかチェックすること
 ・できるだけ裸足にして筋肉をきたえること
 ・良く歩かせること
 ・くつのかかとの減りを観察すること
 ・まめやタコのチェックをすること
 ・バランスの良い姿勢でまっすぐ歩いているかチェックすること
 ・足のつめを程良く切っていること
   だそうです。 
a0147709_17111723.jpg


a0147709_17123346.jpg

  大人もこども一緒に、“足の指と裏”、鍛えたいですね。

  “靴”はいいのを選んで下さい☆
  
 

   
[PR]
by te_to_te | 2010-05-21 17:11

スージー クーパー

 大好きなアンティーク食器のひとつ。
 “スージー・クーパー

 その魅力は、素敵な奥様に、教えていただきました。
 ある日、『晩ご飯、食べに来ない?』と誘っていただき、
超ストレートな私は、ウキウキしてご飯をお呼ばれに行きました☆

 カナダに長年住んでいた4人のお子さんのいる家庭。
 家族の皆さん、お宅、インテリア、アンティーク食器、ごはん、お話・・・すべてが素敵でした。
 シンプル、素朴さを残しつつ、長年丁寧に使われていた上質な家具、食器、家。

 空間が、その人となりを語っておられました。
 
 いつでも、こうたろうと私をこどものように可愛がって下さります。
 あこがれの女性と、ご家族です。

 *chair painting
a0147709_0303626.jpga0147709_0305788.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-05-21 00:32 | 紅茶教室&イベント

紅茶のこと

実は私、『おもてなし紅茶文化普及委員会の京都支部長をさせて頂いています。

事の発端は、数年前、私は紅茶業界に携わっていた時、資格取得の為に都内に通学していました。

そこで偶然知り合ったのが、現・宇都宮の紅茶専門店Y'sティーのオーナー根本泰昌さん。
会社を立ち上げる前で彼も勉強中でした。

彼の宇宙的な熱いエネルギーに打たれ?(お会いしたらわかります♪)、
私も少し紅茶店立ち上げのお手伝いをさせて頂いたというか、結局家族ぐるみで仲良くさせて頂きました。

今ではお店も四周年。
Y'sティーの紅茶も、根本さんも本当に大きくなられました。

いつも前向き、エネルギッシュ、ロマン溢れるアイデアマン。

 常に、『次は何をしてくれるんだろう』と彼の人生に期待してしまいます。
会うと、絶対に元気と勇気をくれる人って、そう安々といるものではありません。

そんな彼が国の認定を受けて発足した紅茶委員会、がおもてなし紅茶文化普及委員会』

Y'sティーが大好きなたくさんの人達で構成されています。
『紅茶で人を元気にしたい』、『宇都宮の町を活性化したい』。

彼の会社発足の原動力であるコンセプトは貫き、実行され続けています。
紅茶が浸透しづらいとされていた町は、既に全国トップクラスの紅茶の町となりました。

彼の活動はメディアも、行政も放ってはおきません。

 営利目的ではなく、人に伝えたい、貢献したいという想いが結果を最終的には生み出すということ。
本当に教えてもらっています。

根本さん、奥さん、娘さん(こうたろうと同級生)、それぞれ個性的で面白い。
本当においしい紅茶を広めたい』、『Y'sティーを応援したいという気持ちは、私の活動意欲の一因かも。

 加えて最近、『育児ママとこどもに紅茶をの気持ちがプラスしました♪

京都で、コンセプトに賛同し、一緒に活動してくださる方々を募っていきたいと思っています。
活動内容等、またご報告致します☆


 Y'sティーの紅茶、本当においしいです。
 前職で体調不良になった根本さんが、紅茶で癒された経験をもとに手作りでブレンド。
 元同業者ながら、ブレンドが上手いなあと思います。
 栃木のとちおとめ・ゆずとコラボしたり、地域スポーツチームを応援する紅茶を作ったり。
 自社の営利以外に、地域活性も注力されたラインナップです。
 商品の質を重視しているので、『本当はほとんど元がとれないんだよね』って笑っていました☆
 優しい味と日本人好みの香り、質の良さが特徴です。
a0147709_2319452.jpga0147709_23195565.jpg










a0147709_23204670.jpga0147709_23215916.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-05-20 23:01 | 紅茶教室&イベント

ママとこどもの重ね煮教室 5/18

 今日、無事にママとこどもの重ね煮教室おわりました。
 教室?というか皆で、重ね煮料理を作って、食べて、楽しむ時間にできました。

 朝10:30~スタートできればお昼ご飯に間に合うかなぁという予測でしたが、
やっぱり皆こども連れ♪
 集まって、さあ始めようかとなったのが、11時。
 全然想定内です☆

 
 当日の朝に、メニューを変更しました。

 結局、作ったのは・・・
 ・基本の重ね煮(しいたけ・たまねぎ・にんじん)の千切り
 ・じゃがいもの重ね煮(じゃがいも・たまねぎ・にんじん)
 ・春野菜の重ね煮(ワカメ・しいたけ・きゃべつ・たまねぎ・にんじん・アサリ
)・・・朝に事前に作っておきました。

  そして、できたメニューは、
 ・ちらし寿司(基本の重ね煮)
 ・みそ汁(春野菜の重ね煮):出汁はいれないで。
 ・肉じゃが(じゃがいもの重ね煮):重ね煮に下味した牛肉を重ねて作りました
 ・五分つきごはん
 ・重ね煮そのまま(基本の重ね煮・春野菜の重ね煮)
 でした。

 皆で、“基本の重ね煮”を実際に作ってもらい、重ね煮を知ってもらいました。

 「間に合うかな」と思ったけれど、アレンジが簡単な重ね煮、やっぱり手早くできました。
 調理道具もそんなに使わないし、片付けも楽。
 私も重ね煮のいいところを再確認できました。

 うれしかったのは、皆が予想以上に『おいしい』と感動して言ってくれたこと、
 こども達が食べてくれたこと。

 本当に、切って蒸すだけ。できあがりのうまみに、驚かれていたようです。
 
 やってみたいけど、
 ・ストウブを使わなきゃいけない?? や、
 ・切り方、重ねる方法がちゃんとできないとダメ?? など、重ね煮を家庭に取り入れるには、ハードルがあるように思われるのも事実。

 →鍋は、穴のないフタのある鍋であればOKなこと、
 →切り方、重ね方も、法則に従えば大丈夫。
  
  一見、丁寧にきることや下準備に時間が費やされそうだけど、
一週間の日持ちのする重ね煮、アレンジの手軽さで時間短縮のメリットをお話してみました。

 重ね煮を食べ続けると、からだの調子も変わってくるので、
皆にもっと家庭に重ね煮を取り入れてもらえたら~、と改めて感じた一日。

 
 a0147709_239459.jpg
今日は重ね煮の他、
 頂いたフルーツと、
 ハーブウォーター(ローズマリーとレモン風味のウォーター) 妹が作ってくれた、スコーン
 妊婦ママさんもいるので、ノンカフェイン紅茶のミルクティー(ストロベリーとキャラメルのフレーバーティー) :デザートティー
なんかも、色々堪能しました。

 こどももママも大盛り上がり。すごく楽しい時間で、あっという間に夕方。
 
 こどもちゃんがいて、伝え切れていないところはあるかも知れないけれど、
“重ね煮ってどういうもの?”ということは、体験、体感してみて伝わったのではと思っています☆

 また、皆で集まろうと思っています。次は夏野菜の重ね煮かな。

 *写真は後日UPします。

a0147709_2310527.jpg

 
 
 
[PR]
by te_to_te | 2010-05-18 22:23 | 重ね煮

うちのパパ

うちのパパは、一言で言うと、『いい人』。
人のためにいつも一生懸命で、誠実さが取り柄です。

彼は大学院で野外活動について研究していました。
山、人、こども、キャンプを通し、皆が成長する姿をみることを幸せに感じていたようです。

昨年度転職活動時には、自分のこと、家族のこと、社会に貢献できること、色々考えたようです。
人、社会にとって役に立つ本当に質のよい仕事…医学や法学、社会起業家の道など右往左往して、最後に選んだのは、外資系企業のライフプランナーの仕事でした。
『保険』というと、日本ではマイナスなイメージがありますが、よく勉強すると、保険は家族生活、ひとりひとりの夢を叶えるための、前向きな保証制度だということがわかります。

私自身は以前に、実はライフプランナーの方に助けられた経験があり、将来家族以外でのパートナーがいる心強さを実感していました。

未だに、『保険=損をする』、『保険営業=売り付けられる』ような、日本特有の保険システムによって根付いてしまったイメージ、簡単には払拭できないのが現況ですが。

他社の内定を断ってまで、入社を決めた主人の、『これでやっと胸をはって人に貢献できる仕事ができる』と、晴れ晴れとして放った言葉。

ライフプランナーは相当な活動量と気持ちを費やして、お客様の一生を守り続けていきます。

もちろん、これは営業ではありません。
本当に、自分のこと、こどものこと、家族のことを考えるのなら絶対に自分達の人生設計に合ったお金の使い方、保証を組み立ててほしいと思って書いてみました。
必要なお金を、無駄な投資に棄てないで、自分達の夢を叶えるために使ってほしいと思ってます。

主人も、営業目的外でワークショップを始めました。
一緒に活動する人、参加者達も、皆自立した考えを持っています。
世の流れですね、おいてきぼりにならぬよう私もいつか参加してみたいです。

a0147709_22352654.jpg

[PR]
by te_to_te | 2010-05-16 21:56 | sonota