ブログトップ

Tea to Te blog

tetote09.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ベニシアさん in 大原

 今日、ベニシアさんのイベントに参加してきました。
 京都大原のベニシアさんのお家にてです。

 たくさんの方が、遠方より、また数カ月も心待ちにしていたようです。
 抽選で当選した私は、本当にラッキーでした。

 多くの学び&発見をさせていただきました。
 また感想を後日乗せさせていただこうと思います。

 
 ただ、ひとつ感じたのは、“家族愛”。 これがベニシアさんのパワーの原動力であり、ライフスタイルの魅力であるということ。

 ハーブガーデンも、インテリアも、もちろん魅力的でした。
 お家の至るところに飾ってあった、家族の写真
 あったかくて、『お家』とは?、『家族』とは?を再認識させられました。

 *写真は、紅茶関係のものを。
 はじめに目に入った植物は・・・TEA BUSHでした。
a0147709_23284445.jpg
a0147709_23303167.jpg














a0147709_23294638.jpg
a0147709_23293194.jpg















a0147709_2329589.jpga0147709_23292186.jpg




 
  
    
[PR]
by te_to_te | 2010-04-29 23:38 | 紅茶教室&イベント | Comments(2)

ファミリーハウス

a0147709_6285536.jpg

 先日ニュースで、京都ファミリーハウスの特集がなされていました。
 難病患者の家族に格安で宿を提供するものです。
 京都大学病院や京都府立大学で手術をする、他府県の患者&家族を対象としています。
  
 産後、涙もろくなった私は、こどもちゃん関連の嬉しい&悲しい話を目にすると、泣いてしまいます。
 思わず、難病のこどもの話で胸が締め付けられました。
 
 私に空き部屋があったら…、寄付できる多額のお金があったら…、と思いますが、自分ができることをまずはするべきですね♪。
 
 主催者の女性は、息子さんが高校生の時に患った難病をきっかけに、京都に移住し、ファミリーハウスを運営されています。
 何事も自分が経験して気づく、喜びや苦しみの感動。
 熱いパッションは、そこが原動力です。
 
 想像力を持った人達がもっと増えれば、もう少し社会は変わるかも?? 

 *ファミリーハウス
 郵便振込
 009706316369で寄付金を送金できます。
[PR]
by te_to_te | 2010-04-29 06:28 | Comments(2)

イチゴ狩り

イチゴ狩り
 
春の遠足で、イチゴ狩りに行きました。
 勧修寺にある農園で、イチゴを楽しんだ後は、太陽が丘へ。

 イチゴが大好きなこうたろうには、もってこいの遠足でした。
 力いっぱいにぎりすぎて、つぶしていましたが、だれよりも早くとり、ほおばっていました。

 お天気もよく、農園では、土にまみれ、カエルなどの虫にもまみれ・・・、
 かわいい服を着てきた5歳くらいのお姉ちゃんも、カエル遊びをしていて、
やっぱりこどもなんだなあと思いました。
 
 a0147709_1142796.jpg
a0147709_11423920.jpg
a0147709_11425380.jpg


 
太陽が丘の名物の長いすべり台
に、こうたろうと挑戦しました。
 同乗はダメって注意書きに気づかずに、やってしまいましたが、
やっぱりこどもが飛んでいきそうで、2人でスリリングな瞬間でした。

 その間に親子遊びとかやっていたようで、親になってもこの単独行動は変わってない・・・とちょっと反省。
 大型バスが目一杯でちょっと酔ったけど、いい遠足でした。

a0147709_114733.jpg












a0147709_1147165.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-04-27 11:55 | Comments(0)

HANAMIZUKI

 花水木~HANAMIZUKI~
 
大好きな花。
 はかなげだけど、花の付き方が全部上向きで、この上昇志向が気に入っています。
 
 こうたろうがお腹にいるころは、声がきれいで、私も一緒に歌える音楽をチョイスして聞いていました。
 一青窈の『ハナミズキ』もその一つ。

 住んでいた区の花が花水木だったのもあって、よく区役所前を通りながら、口ずさんでいました。

 前の家にも、今の家にも、花水木は植えられています。
 縁のある花なんでしょうね。a0147709_11373865.jpg
a0147709_1138535.jpg
a0147709_11381319.jpg

 *pink>white HANAMIZUKI
[PR]
by te_to_te | 2010-04-27 11:38 | Comments(0)

2歳+1ヶ月(入園1か月)

 2歳になりはや一ヶ月。
 去年の今より、ずいぶん成長しました。
 
今では、週3回の幼児教室に通う日々。
入園の日は、すたすたと入っていったかと思いきや・・・、
後から来た大泣きの子につられて大泣き。
 
その後、幼稚園グッズを見るなり、「ようちえん、ようちえん♪」とはしゃいでいるのもつかの間、
園の扉の前でイヤだと抵抗するようになりました。
 でも、もう大分慣れたようです。
 こどもの柔軟性ってすごい。

 我が子は、終始“ほがらか”で、ぞうきんがけや、イスを片付けたり、園児よりスタッフのようらしいです。
 お弁当は、アレルギー物質除去の給食。助かります。
 しかし、“好きな物以外、絶対にたべない!!”ってがんばっているそうです。


 最近は、「はたらくくるま」のうたと、「チューリップ」、「海」、「真っ赤なお鼻のトナカイ」の歌を、
ずーっと歌っています。
 英語?も好きみたいで、アルファベットA~Zをいったり、数字を数えたり(20まで)、a0147709_11304937.jpgしています。
 
 絵は、顔の絵と、車の絵
 耳や目などのパーツや、タイヤなども
丁寧に描いています。
 お決まりは、「上にライト」。
 どうやらはたらく車が大好きで、車の絵の上に、ライトを描くときがなんだか一番のお気に入りのようです。
 


*nyuuennnohi
[PR]
by te_to_te | 2010-04-27 11:33 | Comments(0)

ダージリンセカンドフラッシュ

 先日のお家ヨガ教室でのおやつタイムには、持参して頂いたフルーツと、
ダージリンのセカンドフラッシュ2009 (キャッスルトン農園)を楽しみました。

セカンドフラッシュとはダージリンの2回目の茶摘みシーズン、夏摘みの紅茶のこと。 
ファーストフラッシュ
は春摘みオータムナルは秋摘みです。
 
 それぞれ新茶の時期には、茶園の名前と、
収穫回数を示したロットナンバーが表示されて、高値で出回ります。
 
 夏摘みは、ダージリンの特徴が最も顕著で、マスカットのような香りと、
太陽の恵みをいっぱい受けた力強い風味です。 
 比較的いつも安定感があり、風味にパンチのあるキャッスルトン茶園、特にセカンドフラッシュはここ数年、私もチョイスしています。

私はファーストフラッシュの柔らかい感じが好きなので、今の季節は待ち通しい時期です。
 マカイバリ、アリヤ、ピュッタボン…などなど。
 
 今年は天候も好条件で、できが良いみたいですが、各茶園の新茶、楽しみです。

 日本ではルピシアがダージリンフェスティバルとして、年に数回、
数十もの茶園の新茶の試飲&販売会をしています。今年は5月22日~30日。
 今年こそ、私も行けるかな。
 ←ココカラ自由が丘本店と大阪サロンでの招待券が予約できます。a0147709_140325.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-04-23 22:51 | 紅茶教室&イベント | Comments(2)

チャイルドケア

 育児の合間をぬって、チャイルドケアを勉強しています。
 これは、こどもがいる環境での自然療法を使った、ホームケアのことです。

 今さらながら、色々こどもが体を張ってサインを送っていた事に気がつくこともあり、
胸のしめ付けられる思いです。

 その中でも、再確認したのは、こどもと生活するにあたって、特に大切なこと。
それは『生活のリズム』です。
 
 安定した生活リズムを繰り返すことによって、
こどもは安心感を覚え、からだとココロの健やかな成長ができるとのこと。
 リズムが整っていなければ、おいしいごはんも、ごはん時におなかに入らないことも。
 食が細いなど、どうこう悩むまえに、リズムをこどもに合わせて整えること
が大切なのかもしれません。


 先日参加した、子育ての会でも、同じ事をおっしゃっていて、
そこでは、6時に起床
      7時に朝ご飯
      11時に昼ご飯
      2時におやつ
      17時に夕ご飯
      20時に就寝 の4回食のリズムを提唱されていました。

 

 
  人間も自然界での生物なので、体内時計のとおり、お日様と共に目覚めることから
一日をスタートするのがよいとのこと。

  理解していながらも、実家に戻ってから、なかなか徹底できていなかった大切なリズム。
  確かに、元保育士の友人はちゃんと徹底していました。
 
  がんばってやってみます。a0147709_22415969.jpg 
 *KOUTAROU 2009 no haru
[PR]
by te_to_te | 2010-04-23 22:44 | Comments(0)

友の会

 今日、友の会の子育てを考える会に参加してきました。
 
 私は初めてでしたが、アットホームな雰囲気で、内容も参考になりました。

 そこで出会った、私が長年好んで住んでいた土地の、しかも同じ町内に住んでいたことのあるママさん。
 本当に、偶然。
 最近、こういう奇跡的な偶然がいろいろ重なります。
 
 お茶しませんかと誘われて、すすめられて入った近所のお店は・・・、行きたいと思っていた、
TEAHOUSE ASSAMでした。
 偶然が偶然を呼んで、面白かったです。

 ローカルネタや、子育てや自分のこと、色々盛り上がって帰りました。

 『TEAHOUSE ASSAM』では、久しぶりにロシアンティーをチョイス。
 ローズジャムが添えてありました。
 キーマン、ミルクティーなどのバリエーションティーも魅力的でした。
私の好きなヌワラエリヤのケンマーレ茶園もありました。
 でも、後で店舗名刺をみたら、スコーンとミルクティーがおすすめのようでした♪

 開放感のある、ステキなデザインの建物の中、ゆったりとしたティータイムが過ごせます。
 自宅にも参考にしたい、雰囲気と、インテリアです。

 
[PR]
by te_to_te | 2010-04-23 16:04 | Comments(0)

お家ヨガ教室

お家でヨガ教室をしました。
お友達のママさんが、元々ヨガのインストラクターで、仲良いママさん+母が生徒さんになり、
ヨガ教室をしてくれました。

 ラグやバスタオル、ヨガマット、アロマポット、ヒーリングミュージックなんか色々用意したりして。
前の日はスタジオ用に、我が家の家具も移動、お掃除。

当日は、お天気がいいのも奏して、とっても気持ちのよいお教室になりました。
お昼は妹のパン屋さんのパンを頂き、大食な私達は重ね煮料理を追加しました。

用意したのは、春の旬野菜を使った重ね煮と、基本の千切りの重ね煮、麦みそ汁、五分つきごはん。
こどもちゃん達も食いついていました。
 皆、重ね煮にもすごく興味を持ってくれて、今度一緒に作ることになりました。

美味しいワンドロップのお野菜のおかげもあるけど、
こうやって少しずつ重ね煮をする人が増えるといいなぁ。

定期的にすることになったヨガ教室、次回も楽しみです。

a0147709_1553265.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-04-22 00:13 | Tea to Te | Comments(0)

我が家の最近の重ね煮料理

 最近の重ね煮料理

 実は、最近朝昼は重ね煮で、夕飯はすっかり母の料理にお任せしちゃっています。
 みんなで、一緒の料理を囲むのが一番だし、わたしも、日中の時間を自分の時間に頂いちゃっています。
 なので、朝と昼は重ね煮を使ったメニューが多いです。

 育児中や忙しい友達に、重ね煮をどう活用しているのかを尋ねられ、まとめてみました

 私は、ほぼ週末に、こうたろうをとなりで遊ばせながら、ハイテーブルの上で、調理道具を用意して、重ね煮を作ります。
 野菜をこどもに見せつつ、塩をふったおなべに、切った順から重ねていきます。
 台所にこもらず、好きな音楽をかけて、お互いに楽しい二人の時間にしています。

 2つのなべを使って、2種類~3種類を作ります。
 
最近の定番は、
1 基本の重ね煮(しいたけ・たまねぎ・にんじん)のみじん切りか千切り
2 じゃがいもの重ね煮(じゃがいも・たまねぎ・にんじん)
3 季節の重ね煮(今だと春:わかめ・しいたけ・きゃべつ・たまねぎ・にんじん+あさり)


 一週間ほど冷蔵庫で作り置きができるので、この3種を1週間で使いきるようなサイクルです。
 基本の重ね煮は、使用頻度が高いので、多めに作ります。

 私達の定番メニューは・・・
 ・お汁物 (白みそ・麦みそ・あわせ、出汁風・・・などみそを変えたり、時には豚汁風にしたり。
        重ね煮のみそ汁には、出汁は必要ありませんが、栄養面から、我が家では出汁を
      合わせることもあります。アサリの出し汁に春の重ね煮を合わせたり。おいしいです。)
 ・納豆+基本の重ね煮 
        (素朴なメニューですが、なかなかいける!はまります)
 ・お好み焼きorチヂミ風 
       (じゃがいもの重ね煮に+アルファの食材混ぜて。そのままでもおいしいです。
       外はかりっと中はもちもちにします。)
 ・チャーハンやチキンライス風
      (特にしょうが、にんにく、小松菜と基本か冬の重ね煮をつかったチャーハンが好きです)
 ・パスタ
         (基本の重ね煮をトマトソースにして、スパゲティーや、ニョッキのソースに。
         春の重ね煮は、そのままで。)
      
 ・酢飯(基本の重ね煮をすし飯にあわせます。)
 ・スコーンや、パウンドケーキ、パンに混ぜたり
         (じゃがいもの重ね煮をよく使います。冬の重ね煮も良くやっていました。)
 ・うどん
 ・やきそば
 ・肉じゃが
etc etc・・・

 その他・・・こまごまと、いろんな料理によく混ぜて使っています。

 同じメニューでも、追加する食材を変えたり、ソースや調味方法を工夫したりして、飽きずに楽しんでます。
 
 調理は、重ね煮を取り入れてから、本当に楽になりました。
 こどもの好みが日々変化し、それによって良く作る重ね煮料理も変化しますが、
今後はもうちょっと定番メニューを増やしていこうかな。

a0147709_1531180.jpga0147709_15312349.jpg
[PR]
by te_to_te | 2010-04-18 15:33 | 重ね煮 | Comments(2)